Tag Archives: デザイナーへの指示

【メモ】デザイナーが考える「デザイナーがディレクターにいい子いい子してもらう方法」

communication
ブクログのデザイナー @meganejunkie さんが
ディレクターに「いい子いい子」してもらう いくつかの方法 というプレゼン資料をアップしてたので紹介。

【社内コミュニケーション】仕事依頼時のフェア・プロセス

comments

チームの人に仕事を依頼する際のコミュニケーションに関して、下記のページで紹介されてることが、いいなと思ったのでリンク貼っておきます。
田中さん、これやっといて。 ~社内コミュニケーションと仕事依頼時のフェアプロセス~

上記で紹介されてるフェアプロセスについては下記のサイトで詳しく紹介されてます。

ウェブディレクション ページ制作準備(ページ構成)

キャンペーンを進行する場合の、ページ制作準備フェーズ

デザイナー、エンジニアに的確にパスをするために準備する際にやること

デザイナーに制作してもらうコンテンツ/ページのコンセプトをできるだけ明確にする。

例えば、いまサービスに、どんな課題があるのか
その課題を解決するために、どんな意図や狙いでこのページを制作するのか
そのコンテンツのメインターゲットはどんな特性をもった人なのか
その人にどうアクションして欲しいのか?(会員登録、購買など)
上記のようなことをデザイナーにきちんと説明できるレベルまで、ディレクターが情報を整理しパスすると、ゴールの認識がブレず、デザインをしやすくなると思います。

デザイナーがデザインの作業に集中できるように、必要な情報はできるだけディレクターが揃える。

例えば
・ページのタイトルだったり、キャッチコピー、リード文などの文言
・商品だったりページ制作するために素材として必要な写真
・他社サービスのロゴ等を加工する場合は、ロゴ使用のガイドライン
・外部サイトに掲載するバナーであれば、必要なサイズと、掲載するサイトの特性、過去にクリックが高かった表現

など、デザイナーが制作を進める上で必要な情報を出来る限り集めてから、デザイナーにパスすると、デザイナーがデザインすることに集中できるようになって作業がスムーズになると思ってます。

逆に言うと、1のコンセプトや狙いが固まってない状態で、「とりあえず作って」とか
2の情報が揃わない状態で、ページ作ってもらった後に「あれこれ情報足したい」とか
ってなると、デザイナーの作業時間が無駄になると思います。

 

ページ構成を考える

デザイナーやエンジニアにページ制作・開発の依頼をしたり、他社の方とやりとりする際にページのラフが必要になります。

ラフはエクセルで作っても、パワーポイントでも、手描きでも早くて意図が伝われば何でもいいです。

ラフ作る時のもろもろはまた別途書きます.

 

キャンペーンのステップ確認

キャンペーンでユーザーに何かアクションしてもらいたい時
はじめてサイトを見る人にも親切な説明になっているのかを何度か確認した方がよいです。
例えば、ログインが必要な企画の場合に、非会員の人が見た時、わかりやすい場所に新規会員登録の導線が必要
ステップが多いと離脱率が上がるので、そのステップが本当に必要か考えて、削れるステップは削る(プログラムで解決できるなら、プログラムで解決する)。

あと、よりアクションしてもらうために申し込みの手順を書いたり、ページが長い場合は目次をつけるのも手です。

 

わかりやすい言葉で説明する

理解しやすくするために、例えば一般的でない言葉は使わない。
ユーザーに不快に思われるような言い方、差別的な発言はしていないか気をつける。

キャンペーン期間、日時の記載について

キャンペーンの日時に無理がないか確認。他のキャンペーンと被ってると効果薄れる。
あと、細かいとこだとキャンペーン日時を記載する時だけでなく、曜日も書いておくとわかりやすいです。
(例)2011年10月24日(月)12:00 ~ 10月28日(金)12:00
数字を記載する時は、1,000単位ごとに , をつけよう。
○ 5,000
× 5000

 

 

告知について

 

告知先、告知方法を事前に考えて準備しておく

ページリリースしただけだと誰にも見られないので、告知どうするのかは事前に考えておくと良いです。
例えば
・サービス内でバナーで露出を事前に決めて、バナー用意しておく
・会員にメール
・お知らせ更新
・twitter、facebook等 ソーシャルメディアで告知

余裕があれば
・自社サービスでバナー露出、メール送信、ソーシャルメディア告知に協力してくれそうなところに相談
自社サービスの相談は、サービス責任者に相談すると話しが早いです。

・他社サービスで無料で告知掲載できそうなところに相談
上記はお金かからないでできることなので、優先度に応じてやった方がいいです。

 

プレスリリースを打ちたい場合は、なる早で広報に相談しましょう。

 

ソーシャルメディアで広げるために

ユーザーが見た時に、共感してもらえる要素、人に言いたくなるような要素を加える。
ツイートボタン、facebookいいね あたりは掲載しておいた方がよいです。
ツイートボタンは、ただいれるだけでなく、#ハッシュタグつけたり、@サービス名いれたり、サービスのアカウントがフォローされる形式にする。
その他、mixiチェック、はてブ、Google+あたりも余裕あれば

ソーヤルで広げることが目的ではなく、成果をあげることが目的なので、バランスとって考えることが重要。